Moristapaper

スタイリングの癖

April 23, 2018

自分の行うデザインの表層部分、スタイリングに癖があることを自覚した。 特に1つのサービスに長い期間関わっている場合や、デザインの決定権を持っている人は陥りやすいと思う。

Dribbble に投稿しているこれまでの作品を見返してそれに気付いた。 自分は Futura というフォントを利用する傾向がある。 Futura は丸みのあるセリフ体のフォントで可読性も高く、目の肥えている人でなくても「デザインされている感」を感じとることができる。 丸みがあって可愛い印象の Futura を利用すると、カラーパレットもパステル調にしてしまう。 今の自分の作品はこのテイストのスタイリングが多い。 下記の画像は昨日描いた Pinboard のクライアントアプリのコンセプトアートとそのアイコン。

Pinboard client app

Pinboard client app

アーティストであればこれが自分らしさなのかもしれない。 「らしさ」を排除し、真っ白で透明でフェアでニュートラルになりたい。 解決したい課題の特徴や、それを利用するユーザーに合わせてスタイリングができると良い。

デザインは最適解を探索する工学だと思う。 もしかしたらこれが「僕らしさ」で、「デザインの癖」かもしれない。


morishitter

プログラミングもするデザイナー / StylefmtPicostyle の作者 / CSS チョットデキル