Gatsby のバージョンを v2 から v3 に上げた

2021/05/09

Gatsby の v3.0.0 がリリースされて2ヶ月ほど経ったのでアップデートしてみた。

アップデートして何がいいの?

Introducing Gatsby 3.0 – Faster in Every Way that Matters の記事によると、大きく下記の3つ。

  • ローカル開発速度の80%改善
  • ビルド時間短縮
  • Gatsby Image の画像最適化 && API 変更

開発時のストレスがほんの少し減ったり、デプロイが速くなったり、ほんの少しだけサイトの閲覧者にとってもメリットがあるみたい。

アップデート手順

公式ドキュメントの Migrating from v2 to v3 を見ながらやった。

v1 から v2 のときのようなディレクトリ構造や API 大きな変更はなかったので、以下の手順ですんなりとアップデートできた。

  1. Gatsby とそのプラグインのパッケージの最新バージョンをインストール
  2. ビルドエラーに該当するものを Migrating from v2 to v3 から探して修正

唯一、吹き出しのブロックを挿入するために使っている gatsby-remark-custom-blocks が、 gatsby-transformer-remark の最新バージョンをサポートしていなかったので、それをインストールし直したくらい。

gatsby build が実行できるのを確認して終了。


morishitter

フリーランスのデザイナー。デジタルプロダクトのUIデザインを中心に、ブランディングからユーザー体験設計、ビジュアルデザインをおこなう。

© 2021, Masaaki Morishita